種類を様々選べるエコバッグブログ : 2016/10/08


生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に内在する血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことが原因で、
残念なことに膵臓からほとんどインスリンが分泌されなくなり発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、精神的・肉体的なストレス、高齢化などの複数の誘因が混ざり合うと、
インスリン分泌が鈍化したり、働きが衰えたりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。

緊張性頭痛とは肩凝りや首筋の凝りが要因の最も多いタイプの慢性頭痛で、
「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「ズシッと重苦しいような耐え難い頭痛と表現されています。

耳の内部の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類されますが、
中耳付近にばい菌やウィルスが付いて炎症になったり、
液体が溜まる病を中耳炎と呼びます。

若年層で結核菌に抗する免疫(抵抗力)を持っていない人々が増えていることや、
早合点のために受診が遅れることなどが主因の集団院内感染の発生頻度が高いようです。

なんとなく「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「除去しなければいけない」と捉えがちですが、
本当は、私たち人は大なり小なりのストレスを経験しているからこそ、
活動し続けることに耐えられます。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特性があるため大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるものの、
地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、
皮ふに悪影響をもたらすことになります。

目と目を合わせることで、当事者がセラピーキャットのことをすごく愛おしいと感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、
ストレスを軽減したり心の癒しに結びついているのです。

肥満の状態というのは前提として食生活の質や運動不足が因子になっていますが、
量は変わらない食事であったとしても、
かきこむように食べ終わる早食いを続ければ体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く可能性があります。

ピリドキシンには、色々なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝に必要な回路へ取り込ませるため、
もう一度細分化することを助長する作用もあるのです。


コーヒー、紅茶、烏龍茶、緑茶。これらに含まれるカフェインは、自律神経を刺激して、脂肪の分解を促進してくれる効果があります。特に、運動前にカフェインをとると、脂肪燃焼の効果がアップするといわれています。   寝違えた時に、痛い部分を温めるのはNGです。寝違えは一種の捻挫なので、タオルを巻いたアイスノンなどで10分冷やし、10分間をおいて、また10分冷やすことを3〜4回繰り返して炎症を和らげます。

【1分で目のクマを解消するマッサージ】 @目の下を指で触ると骨を感じる部分を、目頭側から目尻側に向け、数か所を中指で軽く押す A目尻まで押したら、こめかみ周辺を優しく押さえる B人差し指と中指を交互にパタパタと動かして、目頭と目尻の間を何度か往復させる 肌が乾燥しやすくなるのは10月から ▼肌は約1カ月かけて生まれ変わるため、肌状態は季節より遅れて変化します ▼症状が出る前に、しっかりと予防 ・最も需要なのが保湿 ・食生活を改善→ビタミンA(βカロチン)の豊富な、卵、ニンジン、かぼ